すそワキガの手術について

すそがの臭いの要因の大半は、アポクリン汗腺という名の汗腺にあります。
ですから根元的に治すには、手術でアポクリン汗腺を取り除くより他ありません。

すそがの手術

すそがの要因はアポクリン汗腺からの汗であり、皮脂と汗が合わさって、これが皮膚の常在菌が分解する際にアンモニア臭が生じます。

ですから「皮脂のせいだ」と無理矢理言えなくもないですが、結局は「アポクリン汗腺」という大元を絶つのが一番です。

アポクリン汗腺を取り除く手術について

普通のわきがのアポクリン汗腺を取り除く手術は、そこまで難易度の高いものではないようです。

しかしすそがについては、1回の手術で完全に治る可能性は低いようです。ですから「意味はあるがそこまで有効ではない」というのが、すそがの際のアポクリン汗腺を取り除く手術の現実なのです。

また、陰部やその周辺のアポクリン汗腺は、ややこしい位置取りで存在しています。手術そのものの難易度がやや高いのが、すそがの際のアポクリン汗腺を取り除く手術の欠点であると言えます。実際、医療機関などでもこの手術はあまり行われていないようです。

剪除法という手術も存在します

わきがの手術は、アポクリン汗腺が一まとめになっている場所の肌ごと丸ごと取り除けばそれで手術が完了します。

ですが、すそがに関するアポクリン汗腺の位置取りは、先述の通りややこしいので、そのようにシンプルに終わらせる事ができません。

そこで、別の手段として「剪徐(せんじょ)法」というものも、一応は行われています。具体的には、肌を切ってアポクリン汗腺の部位だけをハサミ等でカットしていきます。

 

わきが治療においても、肌に傷跡が残存するのを避けるために、この剪徐法が利用される事があり、こちらは保険の対象となります。

しかし、すそがの場合剪除法は保険の対象外となってしまい、かなりのお金がかかる事になってしまいます。

その他の手術

一応「吸引法」というアポクリン汗腺を取り除く手段もありますが、陰部という繊細な場所に適した方法ではないため、ほぼ採用されません。

ですが「電気凝固法」という手段は有効です。具体的には、電気ニードルを刺して電流を流し、アポクリン汗腺を焼いて凝固させ、発汗を抑えるという手段です。

 

痛みがほぼ皆無で、傷口も目立たず、価格としても15万円程度で済みますから、現状、すそが治療に関する最良の方法だと言えそうです。

しかし、とにかくアポクリン汗腺の位置取りはややこしいですから、完治させたいのであれば、この方法をもってしても数度の手術を要するケースがあります。

コメントは受け付けていません。