すそワキガの治療方法は?

すそがの要因の大半は遺伝ですから、治せないと感じるかもしれません。しかし、治療手段はいくつか存在します。

すそがの治療手段

大別して2タイプ存在します。「保存療法」と「手術療法」です。手術療法は病院でなければ行えませんが、保存療法ならば、自力でもある程度行えます。

◇保存療法
アポクリン腺を取り除かない、つまり「保存」したまま治すので「保存療法」と言います。そして「保存療法=○○」というように、決まった方法があるわけではありません。

1番基礎的な手段は、陰毛のケアです。あそこは大変ジメジメしており、細菌もたくさん住んでいます。ですから、わずかでも風通しを良くして、細菌の繁殖・付着や蒸れを防止するという事です。実際、かなり効果的な手段です。

 

もう1個は、アルコール消毒です。悪臭の要因自体はアポクリン汗腺からの汗ですが、その汗を臭くさせているのは、あそこに常に住んでいる細菌類であると言えます。その細菌類をアルコールで除去しよう、という事ですね。

しかし、陰毛のケアについてもアルコール消毒についても気を付けるべき点があります。まず陰毛のケアについてですが、剃刀を使用するのであれば、皮膚にダメージを与えないように、できる限り気を配って下さい。

 

ワックスや脱毛クリームに関しても、皮膚との相性が悪い場合もありますから、必ず皮膚にマッチするものを使用するようにしましょう。

そしてアルコール消毒に関してですが、消毒液の種類によってはアレルギー反応が出る場合がありますので、気を付けて下さい。注射の消毒程度でもかぶれるのであれば、アルコール消毒は避けた方が良いでしょう。

 

◇ボトックス注射
多少値は張りますが、ボトックス注射も有効です。アポクリン汗腺からの発汗を一旦止める作用があります。アポクリン汗腺を取り除くわけでは当然ありませんが、4か月前後効き目がキープされます。

引用元:あそこ臭い

すそがだからといって悩み過ぎないで

あそこから酷い悪臭がするすそがは確かに辛いものだと思います。ですが、すそがだからと言ってその人が否定されるわけではありません。ですから、すそがの事で思い詰めないようにするという精神面のケアも大切です。

ですが「改善する」のが最善であるという事に変わりはないでしょうから、上記のような治療方法ですそがを軽減していきましょう。症状が和らげば、当然気持ちも楽になるはずです。

コメントは受け付けていません。