アンダーヘアのセルフケアの注意点

デリケートゾーンのムダ毛ケアが普通である欧米の人々と比べて、無頓着な人が多かったのが日本の人々ですが、デリケートゾーンまできちんとケアする人は、最近になって増えてきているようです。

20代で見ると、きちんと処理しているという日本の女性は、約7割にのぼるとい調査結果もあります。しかし様々なケア方法があり、思うより難しいのがデリケートゾーンのケアです。

 

ケアするデリケートゾーンの各部分

Vゾーン、Iゾーン、Oゾーンに分けられるのがデリケートゾーンです。各部分の詳細を見てみます。

◇Vゾーン
「ビキニライン」がこのVゾーンにあたります。
理想は、アンダーヘアが、ショーツ内にきちんと収まるようにされている状態です。一番セルフケアが簡単なのが、デリケートゾーンの各部分の中でもこのVゾーンです。他の部分はサロンでケアしていても、Vゾーンのみは自分でケアしているという人も多いのではないでしょか。

◇Iゾーン
VゾーンとOゾーンの間、股の間のことをIゾーンと呼びます。体の中でもとても敏感な部分ですので、このIゾーンの処理を行いたいときは、セルフケアよりも、サロンでのケアを強くお勧めします。

このIゾーンがケアされていることによって、生理の時の経血の付着が気になる場合や、大胆なショーツを着用する時に、余計な心配がなくなるでしょう。

◇Oゾーン
Oゾーンは、お尻の穴のまわりの部分であり、こちらも敏感な部分なうえに、セルフケアがとても困難な部分です。やはりサロンでのケアをお勧めしますが、傷つけないよう細心の注意を払うことを、自己処理をする際には心得としましょう。

体の敏感な部分だということを念頭に置く

いつもきれいでいたいと願う女性は、デリケートゾーンの処理も、もちろん見た目を気にして行いますが、見た目よりも気にしてほしいのが、大前提としてまずは安全性です。

◇負担は最小限にとどめる
土台である肌がボロボロであっては、せっかくアンダーヘアが美しく整っていても満点ではありません。肌にかかる負担を最小限にとどめてケアを行うのはとても重要で、そのためにはケアの前にも注意したいポイントがあります。ケアをしている間だけではないのです。

◇肌のケア準備が大切
肌への負担を抑えるには、ケアの前の準備として、肌を柔らかい状態にしておく必要があります。箇所は、アンダーヘアのある箇所とその周辺です。

柔らかい状態にするには、レンジなどで温めたおしぼりで肌を覆います。なぜ準備が必要なのか。それは、事前準備なく肌に処理を施してしまうと、肌への刺激がとても強くなってしまうためです。

処理方法はたくさんありますが、ポピュラーなのがカミソリです。その際、シェービングクリームは必須です。また、毛の生えている方向と逆向きにならないよう、毛の生えている方向に沿って刃を滑らせること、何度も何度も同一部分に刃をあてることは、避けてください。

肌が傷ついてしまいます。ケアのタイミングですが、これはアンダーヘアのケアのみならず、日に焼けてしまった時は処理しないようにしましょう。日焼け後の肌はとても乾燥しており、よりデリケートな状態です。

やさしいケアを心がけて、ケアによるダメージから肌を守る心がけが大切です。
アソコ臭い

コメントは受け付けていません。